マネージングディレクターとは?

病院は多様な資格を有した医療の専門家集団で構成された組織ですが、多くの病院には「経営の専門家」が存在しないのが現状です。

また、病院長の多くが診療と兼務で経営を行っているため、経営の細部にまで目が行き届かないケースが見受けられます。ヘルスケアシステムズはそのような病院に病院経営の専門家=「マネージングディレクター」を常駐派遣いたします。

クライアント病院では「マネージングディレクター」と医療の専門家=「メディカルディレクター」が、それぞれの専門領域の組織を支える「ツートップ制」を導入し、病院経営を実践します。

マネージングディレクターの業務内容

人材育成体制

ヘルスケアシステムズ独自のノウハウとして蓄積されている病院経営管理項目をもとに、経営の質の管理を行います。

この管理項目は情報システムを通じて常時本社スタッフと共有されており、迅速なサポート体制を可能にしています。

マネージングディレクターの業務内容

マネージングディレクターの業務内容

ディレクター候補者は、提携病院で実際の病院経営に携わりながら、病院経営の実務を学ぶことが出来ます。そして半年から1年間のOJTを経て、外部のクライアント病院へと派遣されます。

この仕組みにより、医療業界未経験の優秀な人材を病院経営のプロフェッショナルへと育成します。

人材育成体制